これまでに資格回復裁判請求事件の裁判というのが起きています。
これは、裁判官が様々な理由(仕事上での違反や裁判としての信用をなくすような行動をしたとき)で罷免の裁判で罷免されて資格がなくなってしまったあとに、本人が資格回復の自由をもとにして、請求を起こす裁判です。

罷免の自由は国民には与えられていませんが、代わりに国会議員がかわりに罷免の裁判を行うことが出来ます。
裁判で資格がなくなってしまうと、経済的にも社会的にも大変苦しくなります。
罷免は、正しくない裁判官をやめさせることですが、刑罰のように資格を失った個人を処罰するものではありません。
そのため、5年経過してから特別な理由(経済的な事情ややつつましい生活を送っている場合など)があれば請求が起こせるようになっています。

また、罷免が正しくなかったという新しい証拠があった場合も、この裁判を行いますが新しい証拠がみつかって認められたことは現在までありません。
これまでの中で罷免裁判があったのは9件で、実際に罷免になったのは7件です。
資格回復の裁判は6件で、回復された人は3人います。
資格が回復した人に共通しているのは、資格停止中に違反などがなくて、法律家として再度頑張っていたためと、法律家以外として生きられなかったことなども認められた理由になっています。

 
gf1940124430m