最高裁判所裁判官国民審査は国民の投票により、日本における最高裁判所裁判官を罷免するかを審査する制度です。国民審査は審査の対象となっている裁判官の氏名が表記された投票紙を用い、審査します。投票者はその裁判官の中から不信任と考える者があれば罷免の意志を表す☓印を記入します。☓印以外の記号を使用した場合は無効票となります。☓印が過半数を超えた場合、その裁判官は罷免されるという制度です。また、印をつけずに投票した場合は自動的に信任票として扱われます。なお、国民審査は棄権することも可能です。判断がし難い場合には棄権をすることも一つの手です。投票用紙は右縦書きであるため右側に書かれている裁判官の方が印を書かれる確率が上がると考えられています。これを順序効果と呼びます。そのため、投票用紙に記載される氏名の順序はくじ引きを行い決定されている。国民審査には点字投票という方法もあります。その場合は投票用紙に裁判官の氏名は書かれていません。投票者は罷免にすべきだと考える裁判官のフルネームを打ちます。私たち国民1票が非常に大きな意味を持つ最高裁判所裁判官国民審査。私たちは1票の重みを感じながら投票に向かうことが必要です。gf1940072417l